未分類

コラーゲンの効果にはどんなものがあるの?

投稿日:

コラーゲンは美容や身体に良いと聞くけれど、実際はどんな効果があるのか分からない方も多いと思います。コラーゲンは身体にとってどんな効果が期待できるのか?どんな仕組みなのか?どうやって摂ればいいの?などをご紹介します。

 

コラーゲンとは?

ではそもそもコラーゲンとはどのようなものなのでしょうか。コラーゲンはタンパク質の一種です。人間の身体の中にあるタンパク質の約30%を占めています。皮膚や骨・軟骨などに多く存在していて、特に皮膚には約40%のコラーゲンが集中しています。

コラーゲンは細胞1つ1つをくっつける接着剤のような役割を果たしています。そのおかげで肌にハリや弾力が出たり、関節がスムーズを動かせたりすることができるのです。その他コラーゲンは内蔵などにも存在しており、人間の身体に欠かせない成分だとされています。

 

コラーゲンは年齢と共に減少する

人間の体内にあるコラーゲンは20歳前後をピークに減少していきます。そのため肌にシワやたるみが出てきたり、関節の動きが悪くたりして痛みができててしまうのですこれらを緩和するためにコラーゲンを外部から補う必要があります。

 

どうしてコラーゲンを摂ると身体に良いの?

コラーゲンは皮膚や骨、血管など全身に必要な成分です。そのためコラーゲンを摂取することによって、全身に良い効果が出てくると言われています。特に肌には良く、コラーゲンを摂ると肌の水分量や増加したり、シワが軽減したりと美肌の効果が期待できます。

また関節の軟骨の老化を食い止めることによって、関節炎の進行を抑える効果があるとされます。そして血管に関してもコラーゲンが良いと言われています。コラーゲンを継続して摂取することにより、血管年齢が若返ったという研究結果があるそうです。

このようにコラーゲンを摂取することにより、全身を元気にする効果が期待できます。

 

コラーゲンペプチドって?

コラーゲンとともに、コラーゲンペプチドという言葉も良く目にするのではないでしょうか。コラーゲンはそのままでは加工しづらく、消化吸収しにくい成分です。そこで肉や魚などの皮や骨に含まれているコラーゲンを加工し、ゼラチン状にします。そのあと更に酵素分解によって分子量を小さくしたものが、「コラーゲンペプチド」になります。

コラーゲンよりも消化吸収がしやすいため、サプリメントやドリンクなどに使用されているもののほとんどはこのコラーゲンペプチドになります。

 

1日にどれくらい摂ればいいの?

コラーゲンの摂取量は厳密には定められていません。一般的には肌や関節に良いとされるコラーゲンペプチドの目安摂取量は、1日5~10gと言われています。

 

コラーゲンを含んでいる食べ物

コラーゲンはプルプルとしたゼラチン質の食材に多く含まれています。フカヒレやすっぽんなどに多く含まれます。もっと日常的な食材ですと鶏の皮や軟骨、手羽先、牛すじなどの肉類や、皮の厚い魚の鮭やうなぎなどもコラーゲンを多く含んでいる食物です。

 

サプリメントでの摂取もオススメ

食事で毎日継続して摂取するのが難しい場合は、サプリメントで補うのもオススメです。サプリメントにも錠剤、ドリンク、粉末と様々なタイプがあります。それぞれの特徴をご紹介します。

 

『錠剤タイプ』

飲みやすく、携帯しやすいタイプです。体調などにより飲む量などを調整しやすくなっています。ただし固めるために添加物などを入れている場合がありますので、購入する際にはチェックしましょう。

 

『ドリンクタイプ』

いつでもさっと飲めるのがメリットです。またドリンクタイプは錠剤タイプよりの含有量が多いものが多くなっています。ただし味が独特なものが多いので、購入の際には注意が必要です。ピーチ味やレモン味などのフルーツ味をつけて飲みやすくしてある商品もあります。

 

『粉末タイプ』

溶かして飲むタイプやそのまま飲むタイプです。ドリンク剤と同様、錠剤よりも身体に吸収される時間が短いのが特徴です。デメリットとしては飲む際にむせてしまうことが挙げられます。

 

サプリメントの選び方は?

『コラーゲンの素材で選ぶ』

コラーゲンの素材には、牛や豚、鶏などから抽出された「動物由来のコラーゲン」と、魚から抽出された「魚由来のコラーゲン」があります。一般的には魚由来のコラーゲンの方が身体に吸収されやすいとされています。しかし動物由来のコラーゲンでも技術力により分子を小さくしている商品もありますので、チェックしてみましょう。

また魚由来のコラーゲンでも、天然と養殖で品質に差が出てしまうそうです。そのためあくまで目安になりますが、コラーゲンの品質と価格は以下のように下がっていきます。

天然の魚由来のコラーゲン>動物性由来のコラーゲン>養殖の魚由来のコラーゲンという順になります。

 

『安全性で選ぶ』

体内に直接入るものですから、原料に何が使われているか気になりますよね。原料が何由来のコラーゲンなのか、どこでとれたものなのか、という部分をしっかりと明記している商品を選ぶことをオススメします。また管理や製造過程などが分かれば理想的です。

 

『コラーゲンの含有量で選ぶ』

商品によってコラーゲンの含有量に違いがあります。1日の目安摂取量は5~10gなのでそれを基準に選ぶといいでしょう。またコラーゲン以外にも、ヒアルロン酸やビタミンなどの他に含まれる成分で選ぶのもオススメです。

 

『コストで選ぶ』

毎日飲むものですから、コストも重要です。品質が良いものでも価格が高すぎれば続けるのが難しくストレスがたまると思います。それでは肌や身体にとっても逆効果になりますので、コストと品質がつりあったものを選びましょう。

 

コラーゲンと一緒に摂ると良い成分は?

コラーゲンは一緒に取ることで効果を上げることが期待できる成分があります。アミノ酸を含んだ他のタンパク質や、コラーゲンの合成を助けるビタミンCなどです。またコラーゲンに含まれていない必須アミノ酸であるトリプトファンもオススメだといわれています。

そして肌の真皮層でコラーゲンと共にあるエラスチンも一緒に摂ると、更なる美肌効果が期待できると言われています。

ただエラスチンはマグロやカツオの心臓などに多く含まれるため、日常的に摂るのは難しい成分です。そのためこちらもサプリメントで摂取するのがオススメです。

 

コラーゲンを摂取する際の注意点は?

『食生活に気をつける』

サプリメントでコラーゲンを摂っているからといって、食生活を疎かにしていては意味がありません。サプリメントはあくまで補助食品ですので、普段からバランスの良い食生活をすることが大切です。特に高脂肪分の食事は、コラーゲンの合成を妨害していますので注意しましょう。

また糖分を取りすぎると、コラーゲンが「糖化」という変化を起こしてしまいます。そうすると、ハリや弾力を失ってしまうので気をつけましょう。

 

『良質な睡眠をとる』

つい忙しくて睡眠時間が短くなっている人も多いのではないでしょうか。しかし睡眠が不足すると、肌だけでなく身体全体が不調となっていきます。美肌を目指す方は、肌のゴールデンタイムと言われる22時~深夜2時までには就寝することをオススメします。

 

『紫外線を浴びないようにする』

美肌を目指すなら紫外線対策も重要です。紫外線を浴びすぎると、体内で活性酸素が多く生成されると言われています。その活性酸素がコラーゲンの生成を妨げてしまうことがあるとされます。また紫外線はシミやしわの原因にもなると言われるので、日焼け止めや帽子などでしっかりと紫外線対策を行いましょう。

 

コラーゲンの効果まとめ

コラーゲンは、人間に欠かせない成分です。肌や関節、血管や内蔵など全身に存在していて私達の生活を助けてくれます。特に肌を美しくしたり、関節の動きをスムーズにしたりする効果が期待できます。

 

しかし普段の食事から毎日必要量を摂取するのは難しいので、サプリメントでの摂取がオススメです。また高脂肪分の食事や、糖分のとりすぎはコラーゲンの効果を薄めてしまうので注意しましょう。

-未分類

Copyright© コラーゲンの種類と摂取方法を詳しく調べてみた , 2017 AllRights Reserved.