ストライプとボーダーの違いって何?どっちが着痩せする?

 

洋服やネクタイ、バッグや小物など・・・色々な場面で見かけることの多い『ストライプ柄とボーダー柄』。この2つの柄の違いってご存知ですか?

縦の”シマシマ模様”を「ストライプ」、横の”シマシマ模様”を「ボーダー」と呼ぶ人も多いようですが、これは間違いだったのです!

 

ストライプ柄とボーダー柄の違いは?

以外と知らない⁉『ストライプ柄とボーダー柄』の違い!まずは、ストライプ」について調べてみました!

ストライプとは、2色以上の異なる色のラインを複数並行させた模様のことで、日本語でいう「縞模様」のことです。
本来「ストライプ」は、縦縞のもの、横縞のもの、斜めのものを含め、縞模様の総称ですが、日本においてはおもに縦縞のもので細いラインのものを指して「ストライプ」と呼ぶことが多いです。

引用 1分で読める‼「違いは?」

 

次は、「ボーダー」です!

ボーダーとは、日本においてのみ用いられる横縞模様のことです。
本来、「縁」「端」「境界線」「周辺部」という意味の「ボーダー(border)」に、「横縞」という意味はないため日本以外では通じません。
ファッション用語としては、口や裾、まわりなどの縁部分を強調するように、縁と平行につけたラインや帯状の「縁取り柄」のことを「ボーダー」と呼ぶこともあり、これらの縁取りが複数本になったものが日本で「ボーダー」を「横縞」と誤用するようになった原因と考えられています。

引用 1分で読める‼「違いは?」

 

このように、この2つの違いは日本ならではであり、簡単にまとめると

【ストライプ(stripe):縞模様すべて】

【ボーダー(border):へり、縁、境界、国境】

ということになるようです!

 

 

ストライプ柄とボーダー柄どっちが着痩せする?

着痩せを手に入れたい人は、縦のラインを強調できる”ストライプ柄”の服をチョイスするのがマストです!

また、キレイめなコーデが好きな人や大人っぽいファッションが好きな人にも、ストライプ柄がおすすめ♡

一方、”ボーダー柄”はどうしても横幅が目立ってしまうので、着痩せコーデを目指す人は避けた方がいいでしょう。