白砂糖の代わりにてんさい糖!糖質制限にも活用できる?

 

近年では健康に限らず、美容面からも”精製された白砂糖を控えたほうがいい”と言われていることをご存知でしたか?

 

確かに、健康志向のお店やおしゃれなカフェでは、茶色い砂糖の”ブラウンシュガーやオーガニックシュガー”を目にすることが増えたように感じます。

 

白砂糖と茶色い砂糖の違いは?

そもそも精製された白砂糖と茶色い砂糖には、どんな違いがあるのでしょうか?調べてみました!

 

精製とは、砂糖を作る過程で不純物を取り除き、甘みだけを抽出する作業のこと。砂糖は大きく分けると、この「精製された砂糖」と「完全に精製されていない砂糖」の2種類があります。

精製された砂糖の方が甘みはハッキリとしていますが、不純物を取り除く精製工程で栄養素がほぼ失われてしまうため、健康を意識するなら栄養が残された完全に精製されていない砂糖がおすすめです。

具体的には、前者が上白糖やグラニュー糖などの白く水に溶けやすい性質を持った砂糖で、後者が白砂糖に比べて完全に精製されておらず茶色く色が残ったもので、きび糖・黒糖・てんさい糖などが挙げられます。

引用 【血糖値も安定】体にいい砂糖のおすすめ人気ランキング10選

 

このように精製された白砂糖には、栄養素がほぼない!という事実が。ではお料理や飲み物に甘みを加えたいときなどに、白砂糖の代わりにおすすめしたいのは?

 

 

 

 

白砂糖の代わりはてんさい糖がおすすめ

『てんさい糖』とは”てん菜”という作物から作られる砂糖で、オリゴ糖やミネラルを含む優しい甘みが特徴の砂糖です!この『てんさい糖』は身体に良いだけでなく、ダイエットにも役立つことで注目を集めているんですよ♡

 

寒い地域で採れる多くの野菜は、体を温める効果があると言われています。さとうきびが暖かい地域で作られるの対し、甜菜は北海道などの寒い地域で作られています。

このことからわかるように、てんさい糖は、寒さに強く、白砂糖などの砂糖やキビ糖と反対に体を温めてくれる効果があると言われています。またカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。

 

引用 てんさい糖の糖質量は多いの? 糖質制限に向いているのか?

 

てんさい糖のもう1つの特徴としては、血糖値の上昇がゆるやかであるということがあげられます。いわゆるGI値(食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを計った値)が低いのです。血糖値の急上昇は、イライラや集中力の低下を招きます。

そのため血糖値のコントロールは、糖尿病や糖尿病予備軍の方はもちろん、糖質制限中のダイエッターにとって大切なものとなります。

引用 てんさい糖の糖質量は多いの? 糖質制限に向いているのか?

 

また、てんさい糖には腸内環境を整えてくれるオリゴ糖も含まれており、白砂糖からてんさい糖に代えたことによって、半年間で-5kgのダイエットに成功した人もいるそうです!