【ホットバナナ】いつ食べるとダイエットにいい?レシピは?

 

毎朝、バナナを食べる”朝バナナダイエット”が話題になっていましたが、そんな”朝バナナダイエット”を上回る効果があると期待されている、『ホットバナナダイエット』があることをご存知でしたか?

 

【ホットバナナ】温バナナのメリットとは?

では早速、話題の『ホットバナナ』をご紹介♡

 

ホットバナナとは、その名の通りバナナを温めたメニューです。バナナには腸内環境を整えるオリゴ糖が入っていて、便秘解消に役立ちます。ホットバナナにすることで熱が身体に伝わって、冷たくなったお腹の中を適度に温める効果が期待されます。

朝一番はお通じに適したタイミング、起きてすぐホットバナナを食べることで、寝ていた身体を目覚めさせます。刺激された腸が老廃物排出に動くため、お手洗いのリズムが整います。

便秘しやすい女性の腸は、血流不足で活動が低下している状態です。ここに冷たい果物を入れたら、さらにお通じが悪くなります。

作り立てのホットバナナならお腹がポカポカしてきて、血流を促します。バナナには小糖類や多糖類が入っているから、腸内環境を抜群です。(中略)

ダイエット効果が期待できるのは、腸内環境を整えて、便秘を解消するためです。腸内環境が悪いままだと体内にガスがたまっていくため、代謝が落ちてしまいます。

ダイエットエクササイズを試すにしてもカロリー制限を始めるにしても、代謝改善は不可欠です。そのために腸内環境を改善する必用があって、ホットバナナが役立ちます。代謝をグングンアップさせて痩せやすい身体を作る、理想の食べ物と言えるでしょう。

 

引用 ホットバナナ効果に驚愕!作り方・レシピ集とダイエット挑戦結果

 

 

朝食に『ホットバナナ』を食べることで、腸内環境を整えることができるんですね♡また、腹持ちもいいことから食べ過ぎを防いでくれるので、その点もダイエット効果が期待できそうですね!

 

 

 

ホットバナナはダイエット効果だけじゃない!

『ホットバナナ』によって腸内環境が整うことで、たくさんの嬉しい効果が期待できます♡1つずつ簡単にご紹介していきますね♡

 

免疫力アップ
免疫力アップ人間の免疫機能の約6割が腸に集中しています。その環境を改善することで、免疫力も大幅アップできます。

腸内環境が整うとウィルスやバイキン、アレルギーを引き起こす原因物質などが腸に届き便とともに排泄されるようになるので、病気やアレルギーに対して強い体を作れます。

 

美肌になれる
便秘が続くと肌にダメージを与える成分が腸から体に吸収されてしまいます。腸内環境が改善されると便秘も解消されて、肌がダメージの影響を受けにくくなります。

 

代謝アップ
腸は不要物を排泄する働きがあります。それが滞ると腸内で便の発酵がすすみ体に有害成分が吸収されます。それが内蔵の働きを弱めて代謝を鈍らせるのです。便秘が解消されれば、代謝も改善して太りにくい体になれます。

 

引用 ホットバナナダイエットの効果とは?温めるだけで効果倍増!

 

間食防止
ブドウ糖、果糖、ショ糖といろいろな種類の糖分が入っているから、空腹防止に役立ちます。血糖値の急激な上昇を抑える働きもしれくれるため、間食予防にいいでしょう。

朝ご飯を食べたのにお昼までお腹が持たないようだと、仕事に集中できません。ホットバナナでしっかりエネルギー補給して、元気な一日をスタートします。

 

ストレス対策
バナナはセロトニンの材料になるトリプトファン豊富な食材、イライラ落ち着かない気持ちを解消して、リラックスさせてくれます。

これから仕事がはじまると考えると憂鬱気分になりますが、ホットバナナの朝食が切り替えスイッチになるでしょう。心にもエネルギーを補給して、笑顔で会社に出かけます。

 

引用 ホットバナナ効果に驚愕!作り方・レシピ集とダイエット挑戦結果

 

ただバナナを温めるだけで、ダイエットだけでなく美肌にも役立つなんて♡この『ホットバナナ』は、1日のうち1食置き換えるだけでOK!簡単で美味しい『ホットバナナ』なら、ダイエットも楽しくなりそうですね♡

 

 

ホットバナナの簡単レシピ!

『ホットバナナ』の作り方はとっても簡単!お料理の苦手な人にだってできちゃいます♡

 

ホットバナナを作る方法はいくつかありますが、最も簡単なのが電子レンジを使って温める方法です。

  1. バナナの皮をむいて一口大に切る
  2. 600W電子レンジで約40秒温める

これだけでOKです。この方法なら約1分でホットバナナが作れますよ。

 

引用 ホットバナナダイエットの効果とは?温めるだけで効果倍増!

 

”腸”を冷やすことは、老化を招く要因に!「温活」が流行の今、温めたバナナを”1日のうち1食”置き換えてみませんか?