未分類

コラーゲンのサプリとは?

投稿日:

コラーゲンが身体に良いのは知っているけれど毎日意識的に摂るのは難しい、と悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。そんな方におすすめなのがサプリメントで摂取する方法です。手軽に1日分のコラーゲンを摂取できるので人気の方法となっています。そんなコラーゲンのサプリにはどんな種類があるのか、飲むことでどんな効果があるのか、どんな種類を選べば良いのかなどをご紹介します。

 

コラーゲンサプリメント摂ることでどんな効果が期待できるの?

コラーゲンは人間の体内を構成するタンパク質の1つです。体内にある約3割のタンパク質がコラーゲンだと言われており、その内約40%が皮膚に存在しています。このコラーゲンが真皮層の奥で網の目のように存在しており、肌の弾力やハリが保たれています。しかしこのコラーゲンは20歳前後をピークに段々と減少していきます。そのため外部からコラーゲンを摂取することにより細胞が活性化するとされているので、肌や髪、爪が美しくなるなどの効果が期待できます。

 

サプリメントに配合されているコラーゲンの種類は

コラーゲンのサプリメントによく配合されているのは「コラーゲンペプチド」になります。このコラーゲンペプチドはコラーゲンを分解し分子量を小さくしたもので、コラーゲンよりも吸収分解しやすくなる特徴を持っています。また加熱や冷却しても性質が変わりにくいために、サプリメントやドリンクなどに加工されることが多くなっています。そんなコラーゲンペプチドの素材は大きく分けて2種類に分けられます。

 

『動物性由来のコラーゲン』

牛や豚、鶏などから抽出されたコラーゲンです。その中での豚由来のコラーゲンが使用されていることが多くなっています。魚由来のものに比べてニオイがあると言われていますが、加工技術も進化しているため一概には判断できません。

 

『海洋性由来のコラーゲン』

魚などの海洋生物から抽出したコラーゲンです。更に細かく分けると「魚の骨・皮由来コラーゲン」と「ウロコ由来コラーゲン」に分けられます。

ウロコ由来のコラーゲンにはコレステロール値や血圧を下げる効果の期待できるキチン質が含まれています。ただしウロコ由来のコラーゲンは抽出するのが難しく、値段も高めの傾向にあります。

また養殖のものよりも天然の魚の方が高い吸収率があると言われています。

 

『どちらのコラーゲンがいいの?』

一般的には天然の海洋性由来コラーゲン>養殖の動物性コラーゲン>養殖の海洋性コラーゲンの順に品質と価格が下ると言われています。しかし動物性コラーゲンでも技術の進歩により分子を小さくできるようになったため、判断が難しい部分です。気になった商品は製造過程などをチェックしてみることをオススメします。

 

コラーゲンのサプリメントの選び方は?

沢山あるコラーゲンのサプリ。その中でどのポイントに注目して選べばいいのかご紹介します。

 

『素材を見る』

上記でご紹介したようにコラーゲンの原料が動物性か海洋性かで選ぶ方法です。できるだけ吸収率の高いものを選ぶなら、天然の海洋性由来のコラーゲンがオススメです。サプリメントの中には食品としては摂取しづらいフカヒレなどを原料としたものなどもあります。ただし価格は高価になる傾向にあるのがデメリットだといえます。

 

『コラーゲン含有量を見る』

1日のコラーゲン摂取量の目安は5g~10gだと言われています。そのため、少なくとも5g以上コラーゲンが配合されたものを選びましょう。またコラーゲンの他にもヒアルロン酸やコンドロイチンなどの他の栄養素を含むサプリもありますので、そちらの成分で選ぶのもオススメです。

 

『製造過程をみて安全性を確認する』

口に入れるものですから安全性のあるものが使用されているかは気になりますね。HPで原料となる原料は何か、どこで取れたか、どんな部位を使用しているのかを確認しましょう。逆に言えばそれらが明記されていない商品は少し不安が残ります。また添加物なども確認しておきましょう。

 

『価格を見る』

コラーゲンを摂取した後、持続効果は1日程だと言われています。そのためコラーゲンのサプリメントは毎日摂取することが大事なので、価格は大事なポイントとなってきます。

効果があっても価格的に厳しいものはストレスがたまり身体に良くありません。

サプリメントの中には定期購入すると、価格が安くなるものもあります。効果と価格をみて総合的に判断するといいでしょう。

 

『サプリメントの形』

サプリメントにも錠剤タイプや粉末タイプ、ドリンクタイプと様々な種類があります。

錠剤タイプは持ち運びがしやすく、長期保存がしやすいのがメリットとなります。ドリンクタイプは飲みやすく、含有量が多いのが特徴です。またドリンクタイプの方が、錠剤とくらべて即効性が期待できます。粉末タイプは、固めるための添加物を必要としないので濃度の濃いものを作ることができます。即効性を期待したいならドリンクタイプですが、1日の内にそこまで違いが出ることはあまりないと言われています。そのため、コストや飲みやすさなどから自分のライフスタイルにあったものを選ぶといいでしょう。

 

サプリメントを飲んだらいい時間帯は?

サプリメントは飲む時間を明記していません。それはあくまでサプリメントは健康補助食品であり、医薬品や医薬部外品などの薬などと区別するためです。薬のようにはっきりと効果があると明記できないため、飲むタイミングを指定できないと薬事法によって定められています。

しかしサプリメントによってオススメの時間帯があると言われています。コラーゲンのような栄養補給のためのサプリメントは食後がオススメとされています。食べ物と一緒に摂取すると、効率よく吸収されると言われているからです。またお茶やジュースで飲まずに、水で飲みましょう。

 

コラーゲンサプリメントを飲む際に注意する点は?

『食生活に気をつける』

サプリメントはあくまで補助食品ですので、頼りすぎるのは禁物です。普段の食事から栄養素を補うのが基本なので、バランスの良い食事を心がけましょう。特に高脂肪分を含んだ食事は要注意です。コラーゲンの合成を妨げてしまいますし、高脂質症やコレステロ-ルを上げる原因になりかねません。また糖分の撮り過ぎにも気をつけましょう。糖分を取りすぎるとコラーゲンが「糖化」という変化を起こし、ハリや弾力を失ってしまいます。

逆にコラーゲンの効果を上げる栄養素もあります。コラーゲンの合成を助けるビタミンCなどがオススメです。その他必須アミノ酸であるトリプトファンや美肌効果の期待できるエラスチン、鉄分などを積極的に摂取しましょう。

 

『早寝早起きを心がける』

特に美肌が目的でコラーゲンのサプリを摂取する方は、肌のゴールデンタイムを意識しましょう。22時~深夜2時は肌の代謝が活発になる時間帯なので、できるだけこの時間帯に就寝するのがオススメです。

 

『毎日忘れずに摂取する』

コラーゲンは必要量を摂取しても、効果が持続するのは約1日だと言われています。そのため、特に副作用などはありませんが一度に沢山のコラーゲンを摂取してもあまり意味が無いといえます。大事なのは毎日忘れずに摂取することです。オススメの摂取タイミングは食後ですが、忘れてしまいがちなら就寝前や朝起きた時など自分が続けやすい時間帯に飲むようにしましょう。

 

コラーゲンのサプリまとめ

コラーゲンの普段の食事では毎日必要量を摂るのが難しいため、サプリメントで補助するのがオススメです。サプリメントに錠剤、粉末、ドリンクタイプなど様々な種類があるので、自分の好みによって選ぶことができます。その際には、コラーゲンの含有量や、素材、価格などから総合的に飲むサプリを選ぶといいでしょう。

どのサプリが自分の身体に合うか分からない場合は、商品によってはお試しセットなども販売されていますので、まずはそちらで試すのもオススメの方法です。大事なのは毎日続けることなので自分のライフスタイルにあったものを選びましょう。

-未分類

Copyright© コラーゲンの種類と摂取方法を詳しく調べてみた , 2017 AllRights Reserved.